夢の話

昨日すごく素敵でリアルな夢を見た。忘れないうちに書いておこうと思う。

私と主人が車で出かけている感じだったのだが、観光ガイドに書いてあった日本の昔を再現した街というところに行きたくて探していた。

日本の昔といっても緑の中にテラコッタのような黄土色の土のレンガのようなもので積み上げられた建物があちらこちらに点在する街。国会議事堂のような建物がそれでできているので日本と思ったが今考えてみると極めて日本的ではないかもしれない。

その再現の街を縮小することなくひとつの公園におさめてしまったというのが私達の探しているところだ。
守衛さんのような人がいたので「こういうところを探している」と主人が言うと、「ああここをまっすぐいってごらんなさい。いいところですよ」と言って教えてくれた。

坂道を登るとコンクリートの打ちっぱなしとガラス張りというモダンな作りの街が広がっている。これも公園の中にあるのだが、実際に活動している町であり、美容院は美容院であり、レストランはレストランと要はテーマパークの中で実際の営業をしているというような面白い街をうろうろ見て通った。

テーマパークの中に街が縮小されているのではなく、そのままの街がテーマパークの中にあるような感じだったので「なんかすごいねーこれってこのテーマパークの経営者が街ごと買ったみたいだね。」と言いながら。

そして車で山を越えるとあ〜っ
宇宙に飛び出す感覚がして、青い地球が見えます。その光景に震えました。
実際に飛びながら落ちる感じにゾクゾク!

そして着いた先は黄色い光がまばゆいばかりの場所。その黄色の光あふれる世界のなかにマンドリルが(白いマンドリル)が群れています。動物たちがたくさん光の中にいて、すごい!それもみんな白い動物ばかりです。

こんなところがあったのかと思い、これがお金もかからずに見られるなんて。。。すごいところがあったんだと感心した時、目が覚めました。

あの宇宙船のなかから地球を眺めたような感覚がすごく素敵でいままで見た夢の中で最高でした!!

でもなぜ夢って自分の頭の中で発想(?)するのにどうしてこんなに展開が読めなくて、その展開に驚かされるんだろう。このシナリオって誰が書いているのかと不思議でなりません。

私の今回の夢は天国のような夢。主人に話すと今年1月に亡くなった私の父が見せてくれたんではないかと言う。そうでなければそんな夢見られないよって。
そうかもしれない。もうすぐお彼岸だしね。お父さんが見たものを少しおすそ分けしてくれたのかな。。。

夢を見せてくれた父を応援してくださる
方は↓↓↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪
応援よろしくお願いします♪

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

sponsered by

Recommend

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書)
七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書) (JUGEMレビュー »)
七田 眞
赤ちゃんは天才。
子供をほめて認めて愛して育てる育児法で
心豊かに伸びる子になります。

links

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM