トッピーの涙

今週末に学芸会のような音楽会があり、その歌や踊りの練習を毎日園で行っている。今日、幼稚園の先生から帰り際にこんなことを言われた。
「今日の練習で、『明日しかないんだよ。頑張らないと!!』とみんなにはっぱをかけたらトッピー君が涙ぐんだのでびっくりしました。トッピー君はちゃんとできてるんですけど言葉をプレッシャーに感じたのかもしれませんね。」

トッピーはとても感受性が強い。その分よく涙ぐむので親としては心配な部分もある。今は男女平等なんだから、「男の子だから。。。」とか「女の子だから。。。」なんてことは言ってはいけないなんてことを言う人がいるが、男女の性は明らかに違っていて差別されて当たり前だと思っているのでうちでは『男の子なんだからもっと大事なときに泣けと』と教育している。

それでもよくトッピーは涙ぐむ。どうも相手の気持ちになりすぎるところがあるらしい。優しい子なのでしょうがないのだが、優しさに今後強さをプラスしていってくれたらいいなあと思っている。
トッピーは私の父の出棺のときもひどく泣いていた。4歳でも人の死がわかるんだなあと変なところで感心したくらい。

いまのままの優しさに強さをまとえばトッピー、最高の男になれるよ。
そして私が七田のお教室で一番気に入っている言葉、授業の最初に先生が暗示にかけるのだが、『これからお勉強することは頭にスイスイ入っていって
いつでも必要なときに取り出すことができます。大きくなったらそれをこの世の中の人たちのために使います。』
トッピーが社会に貢献できる人になるとママも確信しているよ。
だから強くなろうね。

トッピーとチャッキーを応援してくださる
方は↓↓↓ポチっとしていただけるとうれしいです♪
応援よろしくお願いします♪

  

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

sponsered by

Recommend

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書)
七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書) (JUGEMレビュー »)
七田 眞
赤ちゃんは天才。
子供をほめて認めて愛して育てる育児法で
心豊かに伸びる子になります。

links

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM