トッピー早くも女の子に…

最近トッピーの食欲が落ちているのは一番お気に入りの女の子FちゃんがP君と仲良くしているからかなあと思っていた。

その翌日のこと、トッピーが興奮して帰ってきて、『もうね、FちゃんはP君とずーっと遊ばないって。お弁当の時もずーっとトッピーの隣にいるって。』と言う。おうおう、よかったねー。と思っていたらまたその翌日、「『今日Fちゃんにもうトッピーと遊ばないからね。お弁当もP君と食べるから。』って言われちゃった。」と帰って来た。それでなんて言ったの?「『うんいいよ。』って言った。お弁当もMちゃんと食べるからって言ったよ。」うーんトッピー精一杯のあがきか。なんかそんなこと言われるようなことしたの?「何にもしてないよ。」…女心と秋の空っていうからねー。

先生に聞くと、トッピーはFちゃんとけんかしたらしく、泣いたらしい。それはトッピーの口からは聞かなかった。その後、幼稚園に行きたくないなんてことはないのかなあと親は危惧したけどそんなこともなく元気に過ごしているようで意外とトッピーも強いのかと安心した。
「お昼もMちゃんと食べたよ。Mちゃんはいつもトッピーのこと見てる子。」なんてこと言う。その後、また「Fちゃんはいじわるだから大嫌い。」って寝る前に言ったりしていた。…やっぱり気になる存在なのねFちゃん。
きらいって言いながらその翌日は「もうFちゃん寝たかな」なんて。

昨日は「だんだんFちゃんと仲良くなってきた。」とうれしそうに帰って来た。今日はお昼も一緒に食べたらしい。うーん完全に女の子に手玉にとられてるう。今日はP君にいじわるされたと言っていた。初めての社会でいろんなこと経験しているトッピー。子供の社会も大人の社会も同じで、大人のやっていることと子供のやっていることに何ら変わりがないことに気付かされた。子供も大変だあ。明日はお休み、ホッとできるねー。

関連する記事
コメント
コメントする








   

sponsered by

Recommend

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書)
七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書) (JUGEMレビュー »)
七田 眞
赤ちゃんは天才。
子供をほめて認めて愛して育てる育児法で
心豊かに伸びる子になります。

links

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM