医者のスキル

昨日チャッキーの足に水泡のようなものができたので近くの小児科に連れていくことにした。2,3日前からちいさなつぶつぶした水泡がふくらはぎ横とふくらはぎ裏にあったのだがすこし赤味が増したような気がするので診て貰うことにした。いつもがらがらのその小児科はやる気のない先生がいるところで頼りにならないのだが、午前中は時間がないのでそこに行ってしまった。

先生の言うには「虫刺されでしょう。」…オイラックス軟膏を出された。もともと信用していない先生の言ったことなので納得もいかず、出されたオイラックス軟膏は薬局で聞けば薄いがステロイドが入っているとのことでさらにがっかり。トッピーが近所の皮膚科に行って強いステロイドをだされて苦しんだばっかりなのでもうこりごりなんだよね。

結局薬は使わず今日、パパにいつも信頼しているお医者様、トッピーが困った時にはいつも助けてくれる我が家の主治医のところへ連れて行ってもらった。何かあるとそこへ行くのだが、家から遠いので出るときは家族総出になってしまうのだ。

すると、先生曰く、「ふくらはぎ横のぶつぶつはダニに刺されたものですが最近野山に行かれましたか?」野山にいるダニに刺された場合、ばい菌を一緒に押し込んでしまうことがあるらしい。かなり前に刺されていて、潜伏していたものが出てきたとしたら、あぶないこともありますので念のためですが抗生物質を5日分続けて飲んでください。昔からツツガムシ病というのがあったそうで野山で刺されて発症すると死に至ったりするあなどれない病気…だから平穏無事の時は『つつがなし』というでしょう。ふくらはぎ後ろ側のぶつぶつは基本的に横の虫刺されとは違うものです。痛みはないようなので軟膏を出しておきます。ステロイドは入っていませんので安心して使ってください。」ひゃーどうこの差!

同じ症状を診ても医師の診断はまるで違う。そして処方する薬までも!!
患者はもっと医者を選ぶべきで近くだからという理由だけで医者を選ぶべきではないということを身にしみて実感した日だった。

トッピーが生後8ヶ月くらいのとき、よだれであごから首にかけて真っ赤にただれたことがあり、産院でステロイドを処方されたことがあった。劇薬と記載されている薬を赤ちゃんに与えていいの?という疑問からネットで探して
見つけた先生が今日行った先生。お蔭様でステロイドを使うことなく、軟膏を調合してもらってすっかりきれいな肌になったトッピー。それ以来何かとお世話になっている。ありがとうございます!!小さなクリニックだけど先生が名医です♪
皿沼クリニック

関連する記事
コメント
コメントする








   

sponsered by

Recommend

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書)
七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書) (JUGEMレビュー »)
七田 眞
赤ちゃんは天才。
子供をほめて認めて愛して育てる育児法で
心豊かに伸びる子になります。

links

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM