丸川女史の当選

自民党から立候補していた元アナウンサーの丸川女史が参議院議員に当選した。しかし、彼女は住民票を移しておらず、3年間投票にも行っていなかったらしい。

一票の重みを知らない人が代表になっていいのだろうか。選挙に行かないイコール政治に興味がないということではないのだろうか。何故そんな人が今更のように立候補して当選してしまったのだろう。

「3年間投票に行っていない」という事実を私は昨日のテレビで知った。マスコミもあまりこのことを大きく報じなかったのは何か力が働いたのだろうかとも思う。あくまで推測だが。

それとももっと前からこのニュースは皆知っていたの?それなら何故その人に一票を投じたかだ。どうして。。。??

「住民票を移していなかったために選挙用紙が届かなかったので」という言い訳は通じるの?「住民税は払っています」とのことだがどうやって払うことができるのか。

久米さんも怒っていることだろう。久米さんは以前ニュースステーションで『私は二十歳で選挙権を得てから一度たりとも選挙に行かなかったことはありません』と言っていたからだ。

もう当選してしまった彼女には参議院で実績を作ってくださいとしか言えな
いが。。。ああーなんと情けないニュース。本当なら明日にでも即補欠選挙くらいのニュースだと思うけど。腹立たしいので興奮して書いてしまった。



関連する記事
コメント
コメントする








   

sponsered by

Recommend

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書)
七田四季子育て理論36年の法則 頭のいい子を育てる「語りかけ」と「右脳あそび」 (講談社+α新書) (JUGEMレビュー »)
七田 眞
赤ちゃんは天才。
子供をほめて認めて愛して育てる育児法で
心豊かに伸びる子になります。

links

recent trackback

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM